fc2ブログ
2018-10-05(Fri)

喪主として・・・・・

わしも 喪主 ちゃああ 初めてじゃったぁ。
きぜわしいし、なんちゅうてん 初めてんことじゃあああ けええ なあああああんも分からん!
只々、葬儀社ん言う通りに やるしかねえが・・・・ そこにゃああ お金も係れば、様々や考慮しなければいけないことも多く、簡単に「はい」と一言で済むことは殆どねえ!(ない!)
我が宗派は 真宗大谷派 これは近くにそんお寺があり、かねてより親父が準備しちおったぁ 幸いにも親父も長男じゃあ ねえけえ そこらへんは考えんじ いい!  まぁ 寺ん隣にゃああ 泥谷地区ん共同の墓地があり、家からもちけえ(近い)。
先ずは、良い選択 と思いたい!
本来なら、配偶者である 親父が喪主ん筈じゃが・・・・90歳ん 高齢じ認知も少し入り出し、通常の判断が出来るような状態じゃあねえ! 参列者にも迷惑かけず、滞りなくやるにゃああ わしんほうがいい!ようじゃったぁ。
まぁ 母の死去の感傷にふけるような時間は 全くと言ってよいほど無い!わぁ!
只々、時間に沿って物事を進めていくだけ!

介護施設で亡くなり、一晩 家に連れて帰った。
その晩は 親父と共に オフクロの傍に寝る・・・・  親父も体の状態は芳しくないが、厭わず座敷に一緒に寝た。
今でん 起きてきそうな程 まだ 死を受け入れたくない わしと親父も 現実を少しずつ実感する瞬間であった。
 
家からの出棺の時は オフクロの涙雨か? 凄い大雨になったがお世話になった近所んしがかなり前から待っていてくれ、みんなに見守られながら、我が家を出て葬儀場に向かったぁ!

少しずつ 確かに オフクロが死んだことを実感していく刹那刹那である。

なんとも 安らかなる顔である・・・・・

穏やかに にこやかに 静かに小さくなった 母の姿が そこにあったぁ。



スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

アラカン 深チャン

Author:アラカン 深チャン
私は今年6月に61歳になった アラカン中年です。
「ウルマラマン 深ちゃん」とも呼ばれてますぅ! 
昔、お馬鹿キャラ、今は超マジメ(?)なイケイケメン(?)
九州大分県の佐伯市と言う大分の県南在住の深田耕司と言います。
銭はねえ(無い)けんど・・・毎日、楽しく思って(?)生きてま~~す。 
 
ブログでは、県南の癒し、ためにならない(?)人生相談、還暦のぼやきや子育ての一助になればと家族絵日記も時折公開しま~す!。 

ボチボチ 中年のアガキと悶え(?)を入れながら、楽しく綴りたいと思います!! 



ちなみに私の美顔(嘘つき!!!!)のアップをアップしま~す。

この顔にピ~ンときたら、印刷して部屋にピンナップ(古臭い!)して下さい!

平成26年6月19日

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード