2017-04-06(Thu)

加川良が・・・・・・・・ う~ん  残念。。。。。。。。

う~む  (ー_ー)!!  

わしどもん 60代ん年齢じ 亡くなるしが おいいのぉ!!!!!!  えろう身近に感じち しかたがねえのぉ!!!!

あん 伝説ん フォークシンガー 孤高のアーティスト  加川ん良ちゃんが ねえなったぁああ。。。。。。。

おぉ おぉ  又 一つ 巨星が堕ちた気がするのぉ~ (;一_一)  渡瀬恒彦といい こん 加川良といい 正に その道の職人ちゅうしが 亡くなると・・・・・・ 何だか 一抹ん寂しさと 大きな時代が終焉を向かえるような気になるのぉ~!

わしゃあ まぁ どっちかちゅうと ミーハーじ こん当時んミュージシャンも かなり知っちょるが・・・・・ そん当時は 拓郎んファンじゃったぁああああ  そん若さ溢れる歌やら立ち振る舞いにゃあああ シビレルほど 憧れたもんじゃあああああ
そげん中じ 同時代を生きた 加川良は 玄人向けする シンガーじゃったぁああ  わしゃああ そげなカビ臭い(失礼)歌やら風貌が そん当時 あんまり好きじゃあ なかったぁあああ!
わしん 回りにゃあああ そげな中でん 熱烈に加川良の好きな仲間もケッコーおったぁ!!!!!

あん 隠れた名曲ん 下宿屋♪ を 滔々と演奏しち 渋い声じ おらびよったんを 今でん 思いだすわぁ!
確かに あん 歌は いい歌じゃああああ 歌詞も 侮れんし 曲も 加川良ん 一番 脂ののっちょる時期じゃったんじゃろう・・・・・・・ すきの無い程 素晴らしいメロディーじゃあああ 永遠のフォーク界の名曲!っち わしゃあ 思うちょる!
日本人な この時代の この歌を永遠に忘れちゃああ ならん!と 思うちょる ! 
それだけ いい曲♪じゃああ わぁ  わしも 時々聴くが ・・・・・その世界にドップリと浸かり安堵 ご満悦の顔の自分が居る事に気が付く・・・・・・ それほど 時代にあった曲ちゅうことじゃああ なぁ~!

♪ 京都の秋の夕暮れは・・・・コート無しでは寒いくらいで 岡の上の下宿は いつも震えていました・・・・・  僕は 誰かの笑い顔が見られることより うつむき加減の彼を見つけたかったんです・・・・・・・・・・・♪  
 ええのぉ ~ 沁みるのぉ (^^♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

アラカン 深チャン

Author:アラカン 深チャン
私は今年6月に61歳になった アラカン中年です。
「ウルマラマン 深ちゃん」とも呼ばれてますぅ! 
昔、お馬鹿キャラ、今は超マジメ(?)なイケイケメン(?)
九州大分県の佐伯市と言う大分の県南在住の深田耕司と言います。
銭はねえ(無い)けんど・・・毎日、楽しく思って(?)生きてま~~す。 
 
ブログでは、県南の癒し、ためにならない(?)人生相談、還暦のぼやきや子育ての一助になればと家族絵日記も時折公開しま~す!。 

ボチボチ 中年のアガキと悶え(?)を入れながら、楽しく綴りたいと思います!! 



ちなみに私の美顔(嘘つき!!!!)のアップをアップしま~す。

この顔にピ~ンときたら、印刷して部屋にピンナップ(古臭い!)して下さい!

平成26年6月19日

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード